海外旅行でのeSIM使用ガイド:切り替えタイミングと方法

2024年5月9日コラムeSIM,海外旅行術

[アフィリエイト広告を利用しています]

スマホeSIM

海外旅行の際にもスマホでネット環境を確保するための通信手段は必須です。以前は現地のSIMカード(物理SIM)を購入したり、モバイルWifiをレンタルしたり、あるいは高額な国際ローミング料金を払う必要がありました。しかし、今やeSIMの出現により、これらの面倒や出費が一掃されました。

本記事では、海外旅行におけるeSIMについてを簡単に説明するとともに、外旅行でのeSIMの使用方法について解説します。

特に、海外旅行でのeSIM使用においては、海外旅行先への到着時におけるeSIMの切り替えタイミングと切り替え方法が重要となります。本記事ではeSIMの切り替えタイミングと切り替え方法についても詳細に解説していきます。

おすすめの eSIM

海外旅行でのeSIMについて

空港でのスマホ

eSIMは近年、海外旅行者にとって非常に便利な通信手段となり、多くの利点を提供しています。旅行先でのインターネット接続手段として従来のSIMカード(物理SIM)やモバイルWiFiレンタルと比較しても、eSIMの利用が増えています。

海外旅行でのeSIMのメリット

海外旅行でeSIMを使用する最大のメリットは、その手軽さにあります。事前にオンラインで購入し、現地に着く前にあらかじめスマホ端末内で設定することができるため、現地に到着してから簡単な切り替えを行うとすぐにインターネットに接続することが可能です。これにより、以前のような現地空港でのSIMカード(物理SIM)購入や出発空港でのモバイルWiFiの受取り・返却といった手間と時間が節約できます。

また、eSIMでは、SIMカード(物理SIM)の場合に比べて、スマホ端末のSIMカードを抜き差ししないため、抜き取ったSIMカードを紛失したり、SIMカードが破損するなどのリスクがなく、スマホ端末そのものを安全に保つことができます。

さらにeSIMは複数のプロファイルを端末に保存することができるため、国をまたいで移動する際にはスマホ端末上でプロファイルを切り替えればよく、従来のSIMカード(物理SIM)のように国をまたいで移動する際に異なるSIMカードに差し替えるといった手間が省けます。これは、複数の国を短期間で移動する旅行者にとって大きな利点となります。

このようにeSIMは、eSIM対応のスマホ端末を持っていれば、スマホ端末に直接ダウンロードして使えるので、SIMカード(物理SIM)やモバイルWifiといった物理的なオブジェクトをスマホ端末本体とは別に携帯する必要がなくなるため、荷物を減らすことができるというメリットもあります。

これらのメリットから、eSIMは海外旅行でのインターネット接続手段として非常に便利で、さまざまなシチュエーションで活躍することが期待されています。

eSIMをサポートする国と地域

eSIMのサポート状況は、世界中で拡大を続けています。多くの国と地域でeSIMに対応したモバイルネットワークが展開されており、旅行者は簡単にアクセスすることが可能です。特に、主要な旅行先であるアメリカ、ヨーロッパ、アジアの国々では、多数のeSIMサービスプロバイダーが存在し、競争によって多様性に富んだプランや適正な価格の提供が行われています。

しかし、eSIMサービスが提供されているかどうかは国や地域によって異なり、全ての国がeSIMに対応しているわけではありません。そのため、旅行前には目的地でeSIMが使用できるかどうか、また選択可能なデータプランについてリサーチすることが重要です。多くのeSIMサービスプロバイダーがオンラインで情報を提供しており、簡単に確認することができます。

また、eSIMの利用にはeSIMに対応したスマホやタブレットが必要であり、機種やバージョンによっては利用できない場合もあるため、この点も必ずデバイスメーカーに確認が必要です。幸い、iPhoneやAndroidの多くの最新のスマホはeSIMに対応しており、今後も対応デバイスの数は増えていくことが予測されます。

海外旅行でeSIMを使う前の準備ガイド

海外でインターネット接続の手段として人気を集めるeSIMですが、海外旅行前の準備は必須です。eSIMをスムーズに利用するためには、eSIMに対応したデバイスの確認、必要なプランの選択、そしてアクティベーションのプロセスを理解し、それぞれのステップを適切に実行することが重要です。

eSIM対応デバイスの確認

eSIMを利用するためには、まず自分のスマホやタブレットなどのデバイスがeSIMに対応しているか確認する必要があります。eSIMに対応しているデバイスは年々増えてきてはいますが、全ての機種で利用できるわけではありません。最新のiPhoneや一部のAndroidスマホおよびタブレットなどがeSIMに対応しています。

eSIMに対応しているかどうかは、デバイスの仕様説明書を確認するか、各デバイスのメーカーの公式サイトで情報を確認してください。もし、デバイスがeSIMに対応していなければ、eSIMプランを購入しても実際に使用することができず無駄になってしまいます。eSIMに対応しているかどうかの確認作業は、eSIMプランを購入する前に必ず行いましょう。

最適なeSIMプランの選択・購入

自分のスマホやタブレットなどのデバイスがeSIMに対応していることを確認したら、次は使用するeSIMプランを選択して購入する必要があります。eSIMプランは提供事業者によって価格、データ容量、カバーする国や地域が異なります。旅行先の国や滞在期間、インターネットの使用量を考慮して、最適なプランを選びましょう。

多くのeSIMプロバイダーがウェブサイト上で様々なプランを案内していますので、事前に比較・検討することが重要です。また、プランによっては追加のオプションサービスが付いてくる場合もあるので、自分のニーズに合ったプランを見つけることができます。

eSIMのアクティベーション作業

eSIMプランを購入した後は、使用する前に、実際にデバイスにeSIMをインストールしてアクティベーションする必要があります。インストールのプロセスは、購入したeSIMプランによって異なることがありますが、一般的にはeSIMプランを購入した際に提供されるQRコードを使ってインストールする方法が多いです。

QRコードをデバイスでスキャンするとインターネット上からeSIMがダウンロードされデバイスにインストールされます。コードを入力するなどの方法でデバイスにインストールする方法もあります。いずれの方法でもデバイスがインターネットに接続している環境で行う必要があるので、出国前(日本国内)に済ませておくのがおすすめです。

eSIMのインストールが完了するとアクティベーションを行います。目的国に到着する前は電波を受信できないのでアクティベーションが実行できないかもしれません。そのような場合、出国前にeSIMのインストールだけは完了させておき、続きのアクティベーションは目的国の空港に到着したときに完了させればいいでしょう。

データローミングのオン/オフ設定

データローミングは、海外で携帯電話を使用する際に重要な設定の一つです。ローミングを有効にすると、海外の携帯電話事業者のネットワークを介してデータ通信が可能になります。しかし、設定によっては高額な料金が発生する可能性もあるため、事前にプラン内容を確認し必要に応じてオンまたはオフに設定することが大切です。

海外旅行用のeSIMの場合、データローミングをオンにしなければ使えない仕様もありますが、そのような場合も通常は事前に支払った料金内で使用できるため、安心してローミングをオンに設定できます。とはいえ料金にかかわる重要な設定なので、eSIMの利用条件を十分確認してから設定を変更するようにしましょう。

eSIM切り替えタイミングと切り替え方法

設定切り替え

海外に到着した直後は、慣れない環境の中で入国手続きや外貨両替、移動手段の手配などさまざまな手続きが必要となることもあります。その中で、eSIMの切り替えは早めに済ませておきたい作業の一つです。適切なタイミングでeSIMの切り替えを行うことは、現地での滞在期間を快適に過ごすために役立ちます。

空港到着直後のeSIM切り替え

飛行機が目的地の空港に着陸し、電波を発信する機器の使用が許可されたら、機内のシートに着席しているうちにすぐにeSIMの切り替えを行いましょう。落ち着いて座席でデバイスをいじることのできるこのタイミングでeSIMの切り替えをするのがおすすめです。

この時点で既に出国前にeSIMをインストールしているので、あとはデバイスの設定メニューから対象のeSIMを選択し、アクティベーションを完了させてeSIMのプロファイルを有効にすれば、eSIMの切り替えが完了します。

数分するとアンテナが立って現地でのモバイルデータ通信の利用が開始します。この操作により、空港に到着してからでもすぐに地図の確認や必要な情報の検索が可能になります。

現地での通信事業者の選択

eSIMを利用する場合、購入したeSIMのプロファイルにあった現地の通信事業者に自動的に接続されることが一般的です。しかし、まれに手動で通信事業者を選択する必要があることもあります。

例えば、複数の事業者が利用可能な国や地域もあり、最適な通信環境を選択することが重要です。通信速度やカバーエリアを考慮しながら、スマートフォンの設定から適切な通信事業者を選択しましょう。

複数国を訪れる場合のeSIM管理

複数国を訪れる場合、それぞれの国に最適なeSIMプロファイルを利用することが望ましいです。スマホには複数のeSIMプロファイルを保存しておくことができるため、事前に複数のeSIMプロファイルをインストールしておいて、国境を越えるたびに最適なeSIMプロファイルに切り替えることが可能です。旅程に合わせてあらかじめeSIMプロファイルをダウンロードしておき、必要に応じて切り替えることで、各国での通信費を最小限に抑えることができます。

eSIM利用時の注意点

注意点

eSIMを海外旅行中に利用する際は、いくつかの重要な注意点があります。以下、主な注意点2点について説明します。

eSIM利用期間の確認

まず、eSIMの利用期間を常に把握しておくことが重要です。多くのeSIMプランでは、現地で通信がはじめて開始された時点から利用期間がカウントされ、1日プランなら通信開始から24時間、2日なら通信開始から48時間という具合になっています。契約した利用期間から1分でも過ぎるとモバイルデータ通信が切れてしまう可能性があるので注意しましょう。

eSIMデータ使用量の把握

また、データ使用量についても、契約したプランのデータ容量を超えるとモバイルデータ通信が使えなくなったり速度が著しく遅くなったりする可能性があります。例えば、契約したプランのデータ容量が「3日間2GB」となっている場合も、利用期間3日の合計が「2GB」なのか、一日の上限が「2GB」(つまり3日でMax 6GB)なのかで、実際に使用できる容量が大きく違ってくるので注意しましょう。

海外旅行でのeSIM使用ガイドのまとめ

以上のとおり、海外旅行でeSIMを利用するのは、手間がかからず費用も安く押さえることができるので、大変おすすめです。

海外旅行でeSIMを利用するにあたっては、まず自分のスマホやタブレットなどのデバイスがeSIMに対応しているかを確認したうえで、目的地での利用に応じたeSIMプランを選択して購入します。

購入したeSIMのダウンロードとインストールは出国前までに済ませておきます。そして、飛行機が目的地の空港に着陸したら、機内のシートに着席しているうちにすぐにeSIMの切り替えを行いましょう。eSIMの切り替えはデバイスの設定メニューから対象のeSIMを選択し、アクティベーションを完了させるだけです。

次の海外旅行にはeSIMを利用して、より快適な海外旅行を楽しみましょう。

おすすめeSIM

Have a nice trip!

Posted by mikeneko