【対馬ルートで韓国へ】ジェットフォイル船で対馬から釜山はたったの1時間

2024年5月7日船の旅韓国,離島,ジェットフォイル

[アフィリエイト広告を利用しています]

ジェットフォイル船「コビー」

日本から韓国へ行くルートは様々ありますが、九州の対馬からジェットフォイル船で韓国の釜山へ渡るルート(私は「対馬ルート」と呼んでいます)があるのをご存知ですか?

対馬は、長崎県に属する離島。自然豊かで名所旧跡も多い魅力的な島です。福岡や長崎から飛行機やフェリーが就航していますが、残念ながら日本人の国内旅行先としてはマイナーな場所のため、なかなか行く機会がありません。

対馬は韓国まで直線距離で49.5キロの「国境の島」とも呼ばれます。韓国の釜山から非常に近いこともあり、対馬北部にある比田勝港及び対馬南部の厳原は、韓国の釜山港との間でジェットフォイル船が就航しています。乗船時間は比田勝/釜山で約1時間、厳原/釜山で約2時間半という非常に短い時間です。

対馬~韓国の「対馬ルート」での移動は意外と簡単です(チケット予約は少々難しい)。もしあなたが好奇心旺盛であったり、ちょっとした冒険心をおもちであれば、韓国旅行に対馬ルートを組み込んでみてはいかがでしょうか?

私は、2018年に比田勝から釜山までジェットフォイル船で移動してみましたので、そのときの体験記などをご紹介したいと思います。

チケットの予約と購入

2024年5月時点で、対馬と釜山との間のジェットフォイル船は、株式会社サンスターラインが運行する「パンスター対馬リンク」と、株式会社スターラインが運行する「ニーナ」の2つです。いずれも、対馬側の到着港が日によって比田勝となる便と厳原となる便の2パターンありますが、比田勝に比べて厳原発着の便は少なくなっています。

2024年5月時点でチケットはいずれも電話予約のみです。電話は日本語と韓国語で対応可能となっています。

船 名 予約受付電話番号
パンスター対馬リンク 0920-86-2008
ニーナ 0920-86-2828

2018年当時、私は”aferry”という汎用のフェリー予約サイトを利用して予約・購入をしましたが、現在は予約不可になっています。そのほか汎用のフェリーサイトとしては、”aferry”のほか” Direct Ferries”というサイトでも予約・購入が可能でしたが、こちらも現在は予約不可です。

私は、2018年12月3日(月)の便を2ヶ月前に予約・購入しましたが、価格は4,696円(片道)でした。このほか、比田勝国際ターミナルでのチェックイン時にターミナル使用料として200円の支払が必要です。ちなみに、釜山港からの出発時には4,300ウォンの港湾利用税がかかるそうです。

比田勝国際ターミナルにて

まず1階のチェックインカウンターにおいてチェックインを行います。チェックイン開始は出発時間の1時間半前から開始します。出国手続の開始は出発時間の20分前からなので、急ぐ必要はなさそうですが、チェックイン手続時に座席指定がなされるので、窓際など希望の席がある場合には早めにチェックインしたほうがいいかもしれません。

チェックインは、予約完了の電子メールをプリントアウトしたものを渡せばOKです。チェックインすると下のような乗船券を発行してくれます。

早めにチェックインした後は、1時間ほど時間をつぶすことになります。ターミナル内には1階に小さな売店が1つ、2階は広い待合室になっていて、コーヒーやジュースの売店があります。ここでスマホを見ながら出国手続開始のアナウンスを待つ、というのでもいいかもしれません。

ターミナルの外には、周辺にコンビニやレストランなどもあります。免税店もいくつかありますが、韓国からの観光客を対象にしているお店ばかりです。

ターミナルから道路沿いに300mほど行くと、大きな崖があり、その崖を登る階段の上に「比田勝金毘羅神社」の小さな祠があります。そこから比田勝の港が見渡せ景色がいいですので、観光というほどではありませんが、ちょっとした運動にはいいかもしれません。

お弁当を食べるベンチなどもありますので、海をながめながらゆっくりするのもいいでしょう。

ジェットフォイル船「コビー」に乗船

出発20分前になると出国手続を開始するアナウンスがあります。韓国語のみで、日本語でのアナウンスはなかったように記憶しています(乗客の99%は韓国人ですので)。

2階の待合室には出発便のステータスを表示するモニター(空港でフライトのステータスを表示しているモニタみたいなもの)もあるので、それを確認するか、とにかく出発20分前に何かのアナウンスがあれば出国手続を開始するアナウンスだと思っておけばOKです。

1階には出国手続の待機列ができているので、それに並んで進みます。進んでいくと、出国審査を経てすぐに桟橋のほうへ向かい乗船します。ちなみに、出国審査後には売店、免税店や両替所などはありません。

約1時間の船旅

座席は窓際の席がとれました。飛行機のエコノミークラスに比べるとかなりゆったりした座席でした。船ですがシートベルト着用です。

そして比田勝港を出航。徐々に速度を上げ、すぐに結構な速さになりました。他の方の体験談では、船が揺れて船酔いしたという記事をよく見かけたのですが、幸運にも私が乗ったときにはほとんど揺れがなく、全く船酔いはありませんでした。

船内には売店があって、ジュースやビールの販売、タバコや化粧品などの免税品の販売がされていました。韓国への入国カードは座席まで配りに来てくれます。そうこうしているうちにあっという間に1時間が過ぎ、韓国の陸地が見えてきました。釜山港に到着です。

釜山港国際旅客ターミナルにて

ジェットフォイル船「コビー」から下船し、釜山港国際旅客ターミナル内に進みました。ここは比田勝とは比べ物にならないくらい大きなターミナルで、国際空港のような立派なものです。反対側の桟橋には、関釜フェリー「はまゆう」も停泊していました。

入国審査、税関検査を経て韓国へ入国です。ターミナル内には、レストラン、売店、免税店、両替所など、施設も整っているようでした。

ちなみに、釜山港国際旅客ターミナルから釜山駅までは徒歩15分ほど。今回は利用していませんが、釜山港国際旅客ターミナル前から国鉄釜山駅、地下鉄の中央駅及び草梁駅を循環するシャトルバス(1,200ウォン)もあるようです。

まとめ

ジェットフォイル船を利用すれば、対馬/釜山をこんなに短時間でしかも安価に移動できるのは、ほんとうに便利だと実感しました。

対馬は魅力的な旅行先ではありますが、日本国内旅行としてはなかなか行きにくいということもあります。今回ご紹介したような「対馬ルート」を経由して韓国旅行することにより、対馬での滞在をプラスするといったプランは面白いと思います。

対馬でのホテル探しについては

⇒ 国内のホテルを簡単かつなるべく安く予約する方法

釜山でのホテル探しについては

⇒ 海外のホテルを日本語だけで簡単かつなるべく安く予約する方法

Have a nice trip!

Posted by mikeneko