釜山「龍頭山公園」からの夜景を紹介

2024年5月7日コラム韓国,観光スポット,ライトアップ,夜景

[アフィリエイト広告を利用しています]

ライトアップされた釜山タワー

対馬からジェットフォイル船で韓国の釜山に到着した日の夜、「龍頭山公園」というところに行ってみました。ここには「釜山タワー」というものがあり、その展望台からきれいな夜景を見ることができると言われています。今回は「龍頭山公園」についてご紹介したいと思います。

龍頭山公園へのアクセス

地下鉄1号線(オレンジ色)の「Nampo(南浦)」という駅で下車し、3番出口を出て、下図の赤い線に沿って2、3分ほど歩きます。すると向かって右手方向にエスカレーター(下図の青線)の登り口が見えます。100m以上ありそうな長いエスカレーターですが、これに乗って一気に龍頭山公園まで到着できます。

実は、私は「Nampo(南浦)」のひとつ手前の「Jungang(中央)」という駅で降りてしまい、龍頭山公園の裏側(駐車場側)から行ってしまいました。こちら側は駅から少し遠く、エスカレーターはなく階段と坂道だけ。しかも夜は真っ暗の道だったので、辛かったです。皆さんは間違えず「Nampo(南浦)」で降りてください。

龍頭山公園での散策

行ったのが夜だったこともあってか、落ち着いた静かな公園という感じでした。

公園の標識

12月初旬という時期もあって公園内ではイチョウの黄葉がきれいでした。

夜のイチョウ

鐘楼

李舜臣像、市民の鐘などがありました。

李舜臣像

残念ながら夜景はタワーに登らないとあまりよく見えないようでした。

公園全景

釜山タワー

1階外にあるチケットブースで展望台チケットを購入。ポップコーンやジュースがセットになったお得なチケットもあるようでしたが、今回は展望台参観のみのチケット(8,000ウォン)を購入しました。

エレベーター

タワーの建物の中へ進むと、まず記念写真の撮影(あとで販売するよくあるアレです)。そのあとエレベーターで一気に展望台へ。高さ120mのタワーだそうなので、ビルにすると35階くらいでしょうか。ほどなく展望台に到着。

展望台

展望台は360度のパノラマになっていて、釜山港全体が一望できて見晴らしはよかったです。そして、たしかに夜景はいいのですが、私が行ったときはお昼に雨が降っていたこともあり、ガラスが曇り気味だったことが、ちょっと残念でした。

ライトアップされた港

夜景を見ていると何やらアナウンスが始まり「ウィンドウ・マッピング・ショー」というものが始まりました。窓ガラスに打ち上げ花火やランタンの映像がプロジェクションマッピングで映し出されました。夜には15分間隔でやっているそうです。奇麗な写真を撮るチャンス。

プロジェクションマッピング

ショーが終わり、階段で1階下の展望階へ降りたところで帰りのエレベーターに乗りました。エレベーターを降りて出口までにはフォトジェニックな撮影部屋をいくつか抜けて進むようになっています。

フォトジェニックな撮影部屋

龍頭山公園の周辺スポット

龍頭山公園からの長いエスカレーターで下り登り口に戻ります。「GwangBok-ro(光復路)」というファッショナブルなお店が並ぶ賑やかな通りです。ここを左手方向に行くと来た道を戻って地下鉄「Nampo(南浦)」の駅に至ります。右手方向に歩くと5分ほどで「国際市場」、「国際市場」の隣には夜市で有名な「富平カントン市場」があります。釜山タワーで夜景を楽しんだあとは「国際市場」や「富平カントン市場」でグルメ三昧というのもいいんじゃないでしょうか。

釜山の繁華街

まとめ

釜山の夜景を見るなら釜山タワーがお勧めです。龍頭山公園、釜山タワーはアクセスが便利で、入場料も高くありませんので、近くにある国際市場や富平カントン市場の観光とあわせて、釜山の夜の観光に入れてみることをお勧めします。

Have a nice trip!

Posted by mikeneko