【カナダ観光】「ローレンシャン高原」で紅葉を見る

2018年11月18日

カナダのケベック州は秋の紅葉が有名ですが、今回、その中でも紅葉では名所中の名所であるローレンシャン高原のモン・トランブランに行って来ましたので、そのご紹介をしたいと思います。

実は今回の旅行が2018年9月25日だったのですが、モン・トランブランの紅葉の見頃といわれる10月初旬にはやや早く、結果としては「紅葉には早すぎた」という失敗談でもあります。

【モン・トランブランへの行き方】

モン・トランブランは山奥のスキー場なので大都市からの交通の便はあまりよくありませんが、自力で行く方法も含めて行き方を調べてみました。

(1)空路でモン・トランブランへ行く方法

エアカナダや、Porter AirlineというカナダのLCCが、トロントやモントリオールとモン・トランブランとの間に就航しているようでした。しかし、調べてみるとどれも冬や夏のシーズン限定のようで、残念ながら9月下旬~10月の紅葉の時期にはフライトがありませんでした。空路を使って紅葉を見に行くことはできないようです。

(2)バスでモン・トランブランへ行く方法

モントリオールからバスを乗り継いで行くことができるようです。所要時間は2~3時間で運賃は片道4,000円程度。金額的にはこの方法が一番安いかもしれません。ただし、途中で行き先を確認しながらバスを乗り換える必要があり、気軽に行けるというものではなさそうです。

(3)ツアーに参加する方法

今回、私はツアーに参加することにしました。VELTRAのツアーで、モントリオールからモン・トランブランへバスで往復し、現地のロープウェイの往復と昼食代込み、日本語のガイドもついて約17,000円です。

自力で行くのに比べると少々割高にはなりましたが、モントリオールから気軽に日帰りできて楽しめる方法としてツアー参加がベストだと考えました。

【ツアーの集合場所から現地到着まで】

ツアーの集合場所はVIA鉄道のモントリオール中央駅でした。地下鉄のBONAVENTURE駅から徒歩5分ほど、地下道でつながっていて便利です。

AM8:00過ぎに日本人のガイドさんと合流してモントリオール中央駅の駐車場まで移動し、バスに乗車。バスは途中のサービスエリア(といってもマクドナルドですが)で10分のトイレ休憩を経て2時間ほどでモン・トランブランへ到着しました。道中は、ガイドさんのカナダに関するおもしろい話が聞けて楽しい時間を過ごせました。日本語ガイドのツアーでの魅力のひとつは、こういったお話を聞くことができるという点ですよね。

【モン・トランブランでの観光】

現地にAM10:30頃到着、12:00から1時間の昼食時間を除き、帰りのバスの時間PM15:30までは基本的に自由行動でした。バス内でトレンブラン湖の遊覧船に申し込むこともできたのですが、4,500円ほどと値段が高く、迷ったのですが今回はやめることにしました。

モン・トランブランの街は、米国資本で近年開発されたスキーリゾートらしく、小奇麗なレストランやショップが並んでいます。それほど大きな街ではなく、1,2時間あれば十分回れる規模でした。街の中を縦断する無料のロープウェイがあるのは面白かったです。

さて肝心の紅葉ですが、残念ながらまだ早かったようで、ところどころ赤や黄色に染まった部分もありましたが、ほとんどがまだ緑のままでした。ガイドさんが言うにはその年によって紅葉の時期は前後するため予測は難しいようですが、やはり10月に入ってからのほうが確実だろうと思われました。

しかも今回は不運なことに、現地に到着すると雨風が強くなり、傘を飛ばされそうになりながらの観光という大変な目にあいました。ロープウェイで山頂を往復しましたが、雨でガラスが曇ってロープウェイからの景色はよく見えず、山頂では気温が5℃という寒さのうえ、濃霧で視界がほぼゼロ。5分もせずに山を下りました。

12:00にガイドさんと合流して昼食をとった後、湖畔のほうへ散策に行ってみました。近くにあるトレンブラン湖は美しい湖でした。紅葉の時期であればもっと素晴らしかったことでしょう。街はずれでは、鹿の親子、スカンク、リスなどの野生動物にも出会いました。動物たちは突然現れて目の前を通り過ぎるので、なかなか写真をとることができなかったのが残念です。

散策に疲れてビーバーテイルズのお店で一息ついていると帰りのバスの時間になりました。現地5時間の滞在は長いようですが、意外にも散策などしているとあっという間でした。

【バスでモントリオールへ】

帰りは途中のトイレ休憩はなく、そのままモントリオールへ直行しました。疲れていたこともあって、帰りのバスではずっと居眠りしていました。解散場所の手前で、この手のツアーではお約束ですが、モントリオール市内にある日本語OKのお土産屋さんに寄り、その後、モントリオール中央駅で解散となりました。

【まとめ】

モン・トランブランで紅葉を見に行くには、モントリオール発のツアーに参加することをお勧めします。エアカナダは2020年の東京オリンピックまで成田―モントリオールの直行便を運航するそうなので、今、モントリオールへ行くのは便利になっています。

問題は旅行の時期=紅葉の時期ですが、私の今回の体験からは、最も確実なのは10月初旬ごろだろうと思います。あくまでも私の考えにすぎませんので、ご参考程度に。

 

Have a nice trip!